■Dip_Switch■

::ON/OFF::
組み合わせ次第,気分次第。

<< あれ? | main | 裏/表(2回目) >>

裏/表

書類の為の書類、というか、カタチになっていればいい(満足される)書類ってあるでしょ。
出しても出さなくても大勢に影響は無いんだけど、
ただ「出す事」になってるから出すだけの。
そゆのって、「捏造」も暗黙の了解に近いと思うのね。
でも、品質に問題が出てくるワケでもなくって
(100%はそうも言い切れないけれど、きちんと作成しても結局抜き取り検査の上だしなぁ)

抜き取り検査だって、確率統計の上で設定されてるんだから信頼されるんだもんね?
結局のところは「責任施工」というか性善説を前提にしてるだけだったのかなぁ。
それが危うくなっている、というよりは
なんだろう、
自分の手を離れてしまえば存在しないものになっちゃうような。そんな感じ。

ココから見た「裏」は、裏側から見た「表」、ってイメージ。
ホラ、ゴミの日なのに出しそびれて、あと1週間先までどうしよう、とりあえずベランダに出しとけ。
そしたらなんだかすっきり♪出しそびれた事も忘れちゃう。
でもね室内に無くて目に入らないだけで、
ベランダ側を歩いている人から見たら、すごくみっともない風景なのよね。
視点の高さも違うと更に。
----
脱線。

強度計算の類もやった事も有るけれど(全体的なのではないけどね)
どっちかというと多めに見積もる気分だよねぇ基本的に。
減らしすぎても、ふかしすぎても、どうなるか想像つかないから、
やっぱり基本に忠実にやるしかなかった、ってのが本音だった気がする。
だけど設計屋はコスト考えなかったしなぁ〜

発覚のきっかけは捏造本人ではなくて検査会社?明確な情報は捜せなかったよ。
どーしても、一人に押し付けてどーにかしちゃえ、ウチは被害者って事にしちゃえ。って風にしか見えなくてね最初から。

----
/*051126追記*/
まーナニが言いたかったかというと。
やっぱしね、目の前の「作業」はただの「作業」や「ノルマ」になっていて、
きっと安全とか基本とか責任施工とかそこに住む住民が居るとかそういう事は作業の中の「用語」でしかなくなっていたんだろうなと。
皆んながシアワセになる方向の捏造ならば必要悪なのかもしれないけど(まずそんな作業があること自体がおかしいんだけどな)
全体の大きな流れ(モノを製造する)のプロセスの一つ、って事が感じられなくなってたのかもね。

真実はどこにあるのかはわかんないけど。
about | comments (5) | trackback (1)

Comments

kaco | 2005/11/29 11:39
>んちばさま
ぉぉ、なるほど>役所腐敗
。。。コメント書いてたら長くなってきたので新規エントリに続く予定。
んちば | 2005/11/28 21:43
規制緩和の裏には、役所の腐敗ってのもあったみたいですよ。規制があるから接待でハンコ押す悪い奴も出てくる。と。
民間委託なら競合が発生するからそういうことは起きにくいんでしょうね。役所と違って信用無くすと商売できなくなりますから。
規模は違いますが、クルマなんか基本的に検査が民間委託で済んじゃっているのがわんさか走っているわけだし、落ちたら大変なことになる航空機だって基本的にはクルマと同じなんですよ。ガチガチに規制かかっている検査を民間がやっているだけ。だから同じように建築物も検査の大部分を民間委託すると規制が機能しないなんてことはないと思うんです。土建屋政治が続いたから役所の権益が残っていただけ。
そういう意味では規制緩和って言葉の使い方が変なんですよね。
民間委託のほうが今回みたいにカウンターパワーが働きやすいってことはあるんじゃないかと思います。今回問題が発覚したってのは「規制緩和」のひとつの成果といえばいえる。政治家にまで飛び火しているみたいだし。
今回は新しい建物だから問題になっているけど、古いビルなんかたぶんお話にならないモノがいっぱいあるんじゃないかと思います。もともとそういう体質のある業界ということもあるけれど、地震が社会問題になり出したのはつい最近なわけで、今回の問題も単純に悪いヤツらだと騒ぐのはちょっと違うかもしれないなと思うのです。偽造は悪いですけどね。
いずれにしても悪いところが見えるようになったのは前進と捉えていいかもしれませんね。
kaco | 2005/11/26 23:22
>manbowさま
2級建築士すら持っていないアタシなので、確認申請の書類も見たことないんですが…
チェックするにも、きっとピンポイントで見るとこが決まってて、
その前後関係なんかはノーチェックだったのかなぁと想像してみたり。
「規制緩和」っていうけど、「緩和」しちゃダメなものだから従来「規制」されてたんだと思うんですが。
製造に携わってると、わが身に置き換えるというか、身につまされるというか、そんな気になる話題ですよねコレ。

>んちばさま
ハンコ押してあるだけの書類だって事でしょう>ニッポンのお役所
ハンコなんてサインと違って誰が押したのかも判らないし。
機械に文字通り機械的にやらせると、(ほんのちょっとの)不正でもNGになるでしょうね。でも冷酷で確実。
ヒトとマシンの得意分野を活かして、っていつも言ってる話題になってしまいそうです…

----

結局ナニが言いたいかを本文には書いてなかったのよね。追記しとこかな。
んちば | 2005/11/26 17:05
とあるブログに、不動産投資の対象にする建築物の調査は米国の会社に依頼するようなことが書かれてました。ニッポンの役所の認可は全くあてにできないそうで(まあ、ある程度みんなわかっていることですが。。。)。
こういうのって書類じゃなくてデータ出させてある程度AI的にチェックするとかできそうな気がするんですけどね。
クレジットカードの不正利用チェックみたいに。
やばそうなのを見つける手伝いは機械にやらせるのが一番だと思う。
まあ、そんなに単純なものじゃないんだろうし、チェックかけたら通る書類が無くなってしまうって可能性もなくはないですけどね(^^;
manbow | 2005/11/26 00:32
行政チェックが手不足で・・ということで規制緩和で
民間委託になったそうだけど、この事件は製造に携わる
身としてはひどいね、ひどすぎる。
施主も施工会社も知っていたとしか私には思えない。
あるかどうかわからない地震に対する「認識」に
不正の隙間を見つけたんだろうな。この事件で逆に
私はまともな高層ビルっていうのは、ちゃんと考えて
建てられているんだなぁなんて思いました。
○ーホームズの社内監査で発覚 だったっけ?
しかし計算書、作るも見るも大変そうではあるなぁ。

Comment Form

Trackbacks

姉歯事件で 思うこと | ◇ manbow BLOG ◇ | 2005/12/03 00:49
姉歯一級建築士(なんて言いたくないが)の耐震強度偽造 事件で連日 見苦しい罪のなすりつけ合いが報道されている ようだ。