■Dip_Switch■

::ON/OFF::
組み合わせ次第,気分次第。

<< 和みたい | main | またやっちゃったorz >>

見透かされたような

ひらばやしさんとこ経由、MayunezuSpaceさん。「100%がんばる理由」

ぅぁぁおんなじだ、と思った。
自分のできるだけをやらなきゃ失礼だって。
それはね自分の技量がいつでもまだまだだから、100%出し切っても全然足りないから、
余裕を持ってやったときの
使えねぇヤツ評価」が怖くていつでもできるだけの力を出してやりたいのだな。
そこで、その考えが正だと思って、他の人がやっていないとちょっと不満に思うのは弊害だと思う。それは判ってる。人それぞれだってのも判ってる。
でも力の抜き方は判んない。だってこわいもん。
----
自分に厳しい、というのと違うのだな多分。
ちびっこを見ていると、他から言われた事はたいして守らなくても
自分から言い出したことは律儀に守る方と、
言ってる事とやってる事がいつでもちぐはぐだったりする方のが居て
どっちかというと、前者の方は「損した気分」になってるかもしれない。結局着地地点が同じだったしするしね。
でもアタシは前者を評価してあげたいもんなぁ。同類項というか。
----
人に対してもそうだなぁ、安心して気持を預けることができるひとにはおもいっきり寄りかかりたいし寄りかかってもらいたいし
でもその寄りかかられ方が中途半端に半分背もたれにかかってたりすると
アタシは信頼されてない、とブルーになるかな。
でもそれは、負担をかけまいとする思いやりだったとしても、
なんか納得いかないもんなぁ。
「ちょっと外してるよ」と言いたくなるかも。
----
例えば仕事上の相手を見て、「ぁーこの人はうるさいから気をつけて描かなきゃ」とか
「コイツはお間抜けサンだから要注意」と思われたりとか
自分は本当はそういう風にやりたくないし思われたくない。
でも考えちゃうかな。
それはつまるところ、やっぱり「使えねぇヤツ評価」が怖いのだ。
それ以前に、仕事来なくなったら困るし(…)
----
仕事資料を発掘していて、昔の研修会の記録が出てきて
「どう見たって3日はかかる仕事量のものをどうしても1日でやらなきゃならない。そのときどうすればいい?」
なんてのを懐かしく読んでいて
「スケッチでとりあえずしのぐ」
「基本図面を出して時間稼ぎ」
「誰かにヘルプを頼む」
「どうにか延ばしてもらう」
。。。後半の”他人に頼る”系が最初から出てこなかったアタシ……
図面描いていても、ちょっと困ったときに
「なんとか自力でどうにかできないか」を前提にするか
「なんとか変えてもらえないか」を前提にするかで
ラクさ加減は全然違うと思う。
でも、単純に「できませーーん」って言いたくないんだよねぇ。
でもそこで、自分の技量との兼ね合い無視だったりするんだけど。
期待に応えたいのだよなぁ。安心して依頼されたいんだよなぁ。
結局人の目か。うーん。
でもそれだけじゃないような気がするんだけどなぁー。
泳いでないと死んじゃうマグロみたいな?そういう体質か。そんな結論っすか。いやん。
----
と、まとまんないまま終わってみる。
なにか、「一芸に秀で」る事ができれば、ちょっとは違うのかなー
web | comments (0) | trackback (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks