■Dip_Switch■

::ON/OFF::
組み合わせ次第,気分次第。

<< 出遅れたから、ではないのね | main | 両方にサバを読む >>

■雪を漕ぐ

「船を〜」と同意義で使うのが普通なのだよね、
進むときに頑張らないと負けちゃうイメージ?
これくらい降ると。
blog-photo-1200721310.28-0.jpg
昨日はちょっと遅めの新年会で
Sスキノに出てみたんだけれど
窓の外は
最初の乾杯から締めの乾杯まで
ずうっと雪が降り続いていて
タクシーをほろ酔いで降りた先には
けものみちすら無い状態で……
玄関まで漕いで歩きましたよ。

で、夜が明けてこんな感じ。
Aさひかわレベルだわー
(か)
mobile | comments (4) | trackback (0)

Comments

kaco | 2008/01/25 22:18
また降りましたよー。
それでも少ない方だと思います。道路に段差ができていないんです。
今の家は融雪槽が無いのでちょっとつらいです。。。
Hide | 2008/01/21 23:04
おぉ〜!すごいことになってますねえ。
これだけ積もると雪かきもウンザリって感じでしょうね。
こっちは例年ただでさえ雪が少ないのに
近年は温暖化の影響なのか更に雪が減って
とっても助かってます。
kaco | 2008/01/20 19:05
自分が住んでいた頃には、-10℃台が当たり前でしたけど
江丹別は別格だなぁ、と思います(-33℃のところね)
おそばの名産地です。

エンジンがかからなくなるかも、とか
大雪だと雪かきしとかなきゃ、とかで
みんな早めに動き出すので、けっこう普通に動いてる気がしますよ。
住んでる人にとっては、このぐらいでニュースになるんだ、へぇー、って感じかも。
manbow | 2008/01/20 02:24
すごいね、わたしだと遭難しそうだよー

Aさひかわ、−33度だってぇ?
思うんだけど、そんな日でも街は
普通に動いてるもんなの?

Comment Form

Trackbacks