■Dip_Switch■

::ON/OFF::
組み合わせ次第,気分次第。

目を肥やす

具体的な経験を積む、とまでは行かなくとも、
まず目を慣らす、というか「こういうもんなんだ」っていうのを感じておくのって
大切なんだと思う今日この頃。
高度なテクの人の技術を見るからといって、自分も即そうなるのではないけれど
見るのと見ないのとでは気の回し方も違ってくる感じ。
自分が何を表現したいのか、どこが重点事項なのか、それをどう伝えるか。
我流の「思い」だけでは通じないのよね。
脳内でここまで判ってるのに、うまく表現できなくてもどかしいことが多いな。
----

妄想や想像を、いかに具体的に近づけるか。
それもイメージを(なるべく)崩さず、コストや技術にも無理なく無駄なく。
。。。それが「設計」って仕事なんだよなぁ、といまさらしみじみ。

まだ若かったころ、(上にも相談した上で)「ご要望のようにはちょっと無理です」な方針を持っていったら
「そういう返事を聞きたいのではなく,どうやったらうまくいくのかが聞きたいのだよ」
みたいな事を言われて、すごく悔しかったことがあるなぁ。
今も当時も、そこまで技術がいっていないのが情けないやら悔しいやら。
ブランク6年で言い訳できるかな。

web | comments (0) | trackback (0)
1/1